Latest Entries

桜と植え替え

 例年のことですが、やはりこの時期になると職場の桜が咲けば美しく、その近くで西洋シャクナゲが枝葉を例年より広げているためか年々花が多く咲いているように感じます。今日は花冷えで足の先が気がつけば冷たくなっています。
ただ一斉に咲く桜はみていてあきないものです。
どこかに何故ソメイヨシノは同じように一斉に咲き散っていくのか、個体差がないクローンだからといったことが書いてあるので開花条件や生育は酷似していくことが多いとか、それが何であるにしても満開の桜を見て思うことは綺麗だということにつきます。
蓮を何年か育成しています。毎年この時期になるまでに植え替えをしようとして何年もせずじまいでしたが今年は運よく植え替えするように新しい大きな鉢を二つ用意してくれた方がいて、すっかり今年もやらないわけもいかなくなり、泥は庭にある畑の土を入れ替えしたいと家内がいっていましたから、畑の土を割と沢山運んで全部で6鉢無事に入れ替えできました。
さて植え替えははじめてのことですので上手くいくか行かないかは、今後生育すれば成功ですし育たなければ初めての試みということで、また種から育てることにします。
スポンサーサイト



悪癖

4月3日(金)
 気がつけば平成28年に突然降りかかってきた問題から29年、30年、令和元年、令和2年の春となって、一番表面化している公的な問題の決着がつくのではないかという情報も出てきています。
誰かが私を見て言うのです。「あなたはただ巻き込まれただけだ・・・」まあ善いことならば何の文句も無いのですが、悪いことや悪いことという表現で表現できない悪質な事柄であれば、言葉というものの表現では言い尽くせないようなところがあります。
ふれあう人達特に心配する人達は問題を起こす人たちに問題が表面化する前から注意していたのに、誰のための忠告かその進言が何を意味するのかを当人が理解しようともしなければ、今回のようなことへ発展するということも巻き込まれて初めて身にしみて感じました。
事が終われば詳細を記しておこうと思います。今は洒落にならない状況ですので、この問題の文章化ができ無い状況だということを口実や見苦しい言い訳としてここでの何かがさっぱりです。
ただ私や私の生き方というものがいつも試される期間であったことは確かです。私は私で、私がどう生きるか、私の生き方という見えない道がいつも眼の前にあるのに悩み怨み怒り、知恵がないが故にさらにとらわれ続け、あたらなくていいところにあたり、しなくてもいいことに徒に時間を費やしつづけるという逃避癖がつく始末です。

相談

 先日壊れた食洗器の修理の相談を家内へ最終まるなげして、というのも割と修理代が高額だったので家内が思うようにしてもらいました。我が家の財布は家内が管理しているのでこれも当然の流れです。
どうやら修理することに決めたようです。コロナウイルスの影響は食洗器にもあって新しいものに変えようとしても今商品自体がいつ入ってくるかわからないというメーカーの返事でした。これは食洗器だけでなく割といろんなところに影響がでているように思わさたことです。
仕事は無くお休みですからここは全てを忘れるかのように昼までぐっすりと惰眠を貪り、流石に飛び起きて子供達のご飯を用意に階下へ、とりあえず何を作るか決めておらず冷蔵庫にあるものをみて、親子丼を取り急ぎ作って出しました。三人とも美味しいといって全部食べてくれていたので一安心。それからはそれぞれに家事手伝いをしてもらい、私は買い出しへ行き、晩御飯を早めに作りだしました。夕方になっていつもの如く一人で暮らしている友人を呼んで用事が無ければ晩御飯をどうぞなんてお誘いして、晩御飯は実は口実で家内の職場の問題をやっぱり食事の御礼に聞いてもらい、今日もそんないつもと同じようなことが繰り返されるのです。
私といえば晩御飯が早めにできたのをいいことに子供達が家事を手伝ってくれるのをいいことに、もう4時くらいからお酒を飲み趣味に満喫しはじめました。家内に帰って少し注意されたのは内緒です。
そろそろ次男の入学式ですから書類や必要なものの準備を終わらせなければいけないです。

4月1日

 芸能人で有名な方が突然にコロナウイルスで亡くなられ一気に重症化して亡くなられたことと、徳島県内でも少ないけれど感染者がついであらわれたこともあり、職場でも一つの部署を一ヶ月ほど閉鎖するということもあって事前に組まれ配布されていた出勤表が大幅にに変更となっていましたが、私は幸いにも出勤する場所がいつもの場所のみに変わったというより、元に戻ったというほうが適切かもしれません。
訪れる方と接することが多いですから、防ぐというよりも普段から気を付けていることが大事だなんて自分に言い聞かせて、思ったことを近くにいる方にいつものように伝えていました。心配をよそに予定が入っていた仕事は全て無事にこられすんだことに感謝しました。電話を待っているのに私にかかってこずに近くの方にかかって突然に呼ばれることになりました。私としては私を呼んで早いことずっと待たなければいけないことを抱えているのにも疲れていたので、どうして私でないのかなんて思いながら彼を見送りました。
帰ってきた彼の話を聞いて全ての不安は拭いきれないけれども、悪い話でもなく普通の話でした。最善の話であればなんて欲深い私の思いはおいといて、悪い話ではなかったことは本当に良かったことです。
帰って話さずにはいられない私の性格上、友人やこのことを最初から知っている方に電話してとりあえず伝え、一人はどうも電話中であったのか話すことは無いままでしたが、とりあえず一人に伝えて少しホッとしていつものように一杯、明日はどうやら仕事はお休みですのでゆっくり寝ることにしたいです。

二つの電話まち

 今日は待ちに待った仕事がお休みの日です。いつもならば前日の夜から私は盛り上がっているのですが諸事情(食洗器が壊れて出費が・・・)の関係で昨晩ちっとももりあがりませんでした。
気を付けないといけないのは彼にねちねちと言わないように怒りすぎないようにと自分に言い聞かせて一日が始まったことくらいです。
家内は仕事ですから、子供達のお昼と家族の晩御飯と食洗器の修理等の電話をすることが今日の最低限です。次男は私が昨日ひょっとすると修理の人が家のなかを見に来るかもしれないから、貴方明日のお手伝いは家の中の片づけと掃除を優先してと言っていました。
反省している彼は朝から家のなかを一通り時間をかけ片づけ掃除機をかけて、普段より家の中が綺麗になっていました。お昼ご飯をつくるのに壊れてエラー表示がでたままの食洗器を見て、これが壊れていなかったら何も言うことは無いのにと思いながらお昼ご飯を作って子供達に出しました。
修理の電話も何年か続く大問題に関わる電話の両方もなく、ただ待ちながら家で子供達とまったり過ごす私が夕方までいました。
待つだけで何もしないのも問題ですから、最低限の食材の購入と通勤で使う原付の給油をして帰って電話があって用事が増える前に早めに晩御飯に取り掛かりました。
何も考える気のない私は先日カレーだったので今回は人参を沢山いただいているのでシチューを作ってみました。難しいことを考えず大企業の味で完成です。
ご飯を炊いてといっても機械で炊いてくれますし、いただいた他の野菜でサラダをつくってこれで完成です。家内の職場の悩みなどをきいてもらうためにつまりは私のかわりに食事を出すという口実で家内が抱えている問題を彼が全てきいてもらえれば私が悩まなくて済むのです。
善いとき、普通のとき、悪いとき、いつだって誰もが悩みは尽きないものです。

変わっている私はどの時でも笑おうとするだけです。実際は笑えないです。

コロナウイルス収束せず

 いまだ世界でも日本でも私の住んでいる徳島でもコロナウイルスの影響がかなり出ています。仕事にも少なからずではなくかなり影響も出ています。ただ今日も有難いことに出勤して仕事ができるのかさねがさね有難いことです。
効果が少ないとはいえマスクも着用しなくてはいけません。さいわいなことに品切れで手に入りにくいものですが、花粉症の私や子供たちのためにいつもマスクはおいておいたので、無くならずに済んでいます。
気を付けながら仕事をしていると夕方頃に自宅にいる長男から職場へ電話がかかってきました。暗い声で言いにくそうに伝えてきました。
話しを要約すると、家にいる子供達に勉強時間だけでなく家のお手伝いを頼んでいます。その手伝いの中で洗い物は次男の担当ですが、食洗器を誤った使い方をした上に無茶をして割と新しめのキッチン一体型のものを壊してその辺りが水浸しになったという簡単な電話でした。
先日から次男へ高校入学で使う教材や制服に目の前で払い、自転車も通う距離が長男より遠目になるので割と良い自転車を購入して、今度は入学式でも家内が割と払わなければいけないとなっています。これも簡単に言えばいつもより物入りだということです。
子供は予測できないことをするということは知っています。私もそうでした。
私に似た次男ももれなくそうであったという電話だっただけのことです。物入りの時期に直したり再購入しなければいけないとなればいずれにしてもお金がかかる事を考えた瞬間に、つまりは電話の要件を聞いた瞬間に無言で電話を切って仕事に戻っていました。職場の同僚の方が普段饒舌な私が無言になり続けているのを見て
「子供をあんまり怒りすぎないように・・・」
そう優しく言われて仕事を終えました。帰って現場を見て事情をきいて、余り怒る気もありませんでした。ただ壊したのに謝っても来ない次男には
「まず言うことがあるでしょう。壊してごめんなさい。自分が使って壊したのなら高校でも使い方も謝ることもしないと」
それ以上は長男が私にかわって不在に怒ってくれていたようです。

お金に羽が生えた絵というものを考えた人は偉いなあと思う日です。

言葉より空気で

 日曜日ですが子供達は夏休み程の長さの春休みという名の自宅学習中が終わっての春休みです。つまりは流石にだらけたところも子供だから出ています。子供だからそれは当たり前で仕方ないです。
私はいつもの如く仕事代り映えのない日常です。あらためて少し遠く離れてみると、子供達が少しずつ成長しているのもわかり、私は少しずつ歳をとっています。
仕事が終わり家にかえるのは楽しみです。その理由は家内のことをみていて思うことがいくつかあります。職場の人間関係で悩む彼女が夕飯で家族皆が揃って和気あいあいとしたときに「わたしは、皆がいるときが一番しあわせなのよ」と皆に言います。
それを否定できるものはありません、ただ私や子供達は愚か者であるが故に趣味やゲーム等にとらわれて優先させすぎれば、家内のその発言を否定する空気をだしています。本当にただの愚か者です。
過酷な時やとんでもない事態には、その人の人間性の一部がわかりやすく表れてくるものです。連続してそのような事態があればさらに一部が連続して出現し、一度ならば偶然かと思えることが偶然とは思えない程出現し、普段からの言動と合致したとき、人間性の一部より大きなその人の人間性がでています。
それが善いか悪いか、それをどうするか、それもその人の生き方となるものですから、冷たい私は遠回しに何度も進言はしますが、果たしてそれがどうなるかもその人次第となります。
もっとも愚かな私が言うことを真摯に聞く人も少ないけれどおられます。そんな私の言うことを聞こうとしたりする人は私にとっては善い人と勝手に思います。

 通勤の途中でも桜がいたるところで咲き始め、職場でも桜が満開にはまだ時間がかかりそうですが咲いています。割と立派な老木のソメイヨシノですから、時折スマホで撮影されている光景もみかけます。
ただ昨日までは温かく感じましたが、今日の風は冷たく仕事をしながら少し冷えてしまい、それからは皆に風が冷たいから気をつけてと伝え、冷たいということがわかれば同じことでも割と問題が無くなります。知らないということや勝手な反対の思い込みが高度差となってこたえたということはあります。
仕事が終わって、冷えるからとりあえず一杯なんていう口実になるのも当然の流れ、それもまた私が勝手に日々の流れを作ってそれに流され時が流れていきます。
家族五人で一緒にご飯を食べながら、家内がそんな何気ない時間がいつまでも続けばいいということを口にしていました。子供達はそれぞれ成長しています。やがてそれぞれ巣立っていくでしょう。家内はともかく私はそれを楽しみにしています。
末っ子の「けいくん」が自宅学習中の課題をさぼってためにためていたので、厳しく言って食事後から寝るまでしてもらいました。これも今日だけではちっとも終わりそうにないので、明日もためた分を消化してもらう予定です。
昨日は夜更かししてしまったので、今日は早めに寝ることにします。

お祝い

 友人が次男の高校進学祝いということで、今晩は焼肉をご馳走してくれるという流れになり、家内は先に予約が入っておりましたので私と子供達三人で行くことに、このところ焼肉にちっとも行っていませんでしたので子供達は大喜び、私も家内がいないので晩御飯を作らなければいけなかったところがご馳走に変わるとなれば、喜ぶしかありません。
好きなものを好きなだけ食べても怒られないということになれば、やはり食べ放題コースということになって、皆120分あった時間最初から最後まで頼みまくって全て食べ尽して、誘った友人も驚きながら笑っていました。私も見た目はそんなに食べそうになさそうに思われますが最初から最後までずーっと食べ続けました。20代であればさらに食べれたところです。
「けいくん」にいたっては満足しすぎたのか「二ヶ月はもう焼肉はいいかな・・・」なんて言うほどお腹がはちきれそうで苦しんでいました。
終わって友人と次男が高校卒業後はどうする予定かを話していました。次男なりの答えというか思いがきけてそれも友人は大満足していました。今年は長男が大学受験の年ですし、三人がそれぞれ成長したと友人は感慨深い様子で、皆でアホなこと言って笑って、しかもお腹がいっぱいなら何も言うことはありません。
ただコロナウイルスが世間というより世界で猛威を振るっていますので一日も早い収束を願います。

水面下

 初旬よりずっと連絡をまっていましたが、一向に連絡がありませんから致し方なく、呼ばれた方へ渡してほしいものを託しました。仕事を終えて結果の報告を聞いていろいろ考えさせられました。私以外の関係者が何人か聴取があったこともわかりました。その影響もあって私が遅れているのかとも考えさせられました。
善良な方と出会うこと、それは性別を超えて形のないものがカタチを超えて一つの美しい人格と呼べるものにふれあうことともいえて、有難いことです。
いろいろ有りすぎる中、見失う自分がいて悪いものに出会いすぎれば必要以上に自らの心を自らで濁してしまい悲嘆にくれる私がいます。その反対は光であり輝きでもありそれを浄というのだろうと実感します。
いずれにしても現実が解決しない場合でもその出会いは有難いとしか思えないのです。

こだわり

 次男の高校入学準備を進めていると、大切な連絡が来ることを待っている自分を少し忘れることができていました。ミスや悪いことはとらわれている私のせいということにして、今は仕事と彼の準備等に予定等を割くことにしています。
仕事もいつも通り無事に終わって、帰って晩御飯を作りそれから古い自転車を処分してもらわなければいけないので、使えなくなった自転車を二台積み込み、次男と三男(けいくん)と一緒に自転車を購入へ出かけました。
少し前に長男の自転車が壊れたので買いなおしたこともあり、自転車を購入することに麻痺している私がいましたが、けいくんと次男は少し緊張して戸惑っていました。とりあえず次男に予算を伝えてその中から選ぶようにと言ってから、けいくんが幼稚園の時に買った自転車がもう小さい上に壊れて乗れないので、けいくん用の自転車も購入するために連れてきていました。
けいくんにどれがいいと聞いても、どれもピカピカで新しい自転車は素晴らしく見えるようで、仕方ないので何色のがいいと聞くと「青がいい」と言うから青く予算内の自転車に少し乗らせてもらいましたが、サイズが難しく今の彼の身長だとジャストの自転車であれば一年二年後にはもう小さくてのれなくなるし、かといってジャストよりワンサイズ大きいものは後一年位にぴったり合うくらいなので、二人で悩んだ末に、彼はまた少し大きくなってから買いに来ようと本人が納得していました。理解がある子なので助かりました。ただ無いことが気になるかどうしても自転車が必要な時が来るならすぐ買いに来ようといって彼の自転車購入はもう少し先になりました。
次男の所へ行くとそれなりに決まっていたようですが、おしゃれ好きでこだわりの多い彼はやはり高いものを選んでいたので、予算がオーバーするのでもう一度予算内でとしばらく見直してもらいましたが、やはり納得がいかないのかただ時間だけが過ぎていくので、仕方なく彼が言う自転車を購入することに、付属パーツが何点かいりますのでそれと盗難防止保険もかければ割と金額が膨らみます。いくらですかという答えに私はびっくりしましたが、しょうがないので「次壊したり買いなおす自転車はママチャリしか買わない、いいのが欲しかったら自分で買って、だから大切にメンテナンスもしてのって下さい」と伝えました。
後は祖母が購入して与えてくれていた携帯をスマホにかえるだけです。私が携帯もスマホも持っていないから長男の時にも反対していましたが、最近は時代も変わり進学校ではスマホを使うことを前提でデータ管理や登録などを学校が進めています。本当についていけないのは私だけです。紆余曲折あって長男も買うことになりましたので、次男には最初から反対もせず協力を惜しまないことを前面にアピールです。無事に自転車も終わりましたのでかえってご飯をたべてからいつものようにお酒や趣味へ没頭するのです。

冷たい私

 仕事をしていると、やはり次男の高校進学についての話を聞かれたり、その話になります。割と他人事のように客観的に話をするので、私は冷たく思われます。そこは冷たく思われてもサポートは変わらずするし、理解しようとすることなどは変わらず続けていかなければいけないことです。あの子が大人になって働くまでは最低限しなければいけないつとめです。
家内は女性で母親ですから、やはり冷たくなく母親としての感情と彼女なりの思いがあるので、聞いていて冷たくかんじません。彼女は彼女らしくていいし、私は我が子といえど客観的な判断要素はできるだけ大切にしたいと思っているだけです。既にこれが冷たく感じる要素でもあります。
仕事が終わって次男と家内と約束していた通り、高校の制服を購入に出発、到着して進学する高校の名前をいって、試着をはじめていました。少しというか割と照れていつも無口だけれどさらに無口になっていました。しょうがないので枯れ葉も山の賑わいですから私は阿呆になってお店の人に思ったことをいって楽しんでいました。どうやら私も何でも思ったことをいう賑やかな田舎のおじさんみたいだなんて思いながら遠巻きに彼が試着している様子を見ていました。
パンフレットに制服一式の金額が書いてありましたが、やはり予備などをこうにゅうすると予定より金額は膨らんでいきます。支払って後は仕上がったものを入学までに取りに来るだけです。
家内が入学式に行ってくれます。その時も支払いが割とありますから、やはりそれも余分目に用意して困らないようにと車で自宅に帰る間に話をしました。
明日の予定は仕事の後に通学用の自転車を購入です。懐が淋しくなって仕方ないです。

違い

 午後から次男の入学する高校の説明会でしたので、朝はいつもより少しだけよく寝て、自宅学習中の子供達といっても最近はだれてきて、真剣にやらずに遊ぶことが特にゲームとかネットに依存度が高まりすぎて危険です。
いつものように私がいるときは私が食事当番ですから、お昼を早めに用意して食べてもらい、忘れ物がないかチェックして開始の受付時間に余裕をもって間に合うように出発しました。
長男とは違う高校で違う科ですから、どれ位の違いがあるのかが私にとっての楽しみで、受付をして購入しなければいけないものを購入が終われば、指定された席に座って開始の時間まで待つことに、コロナウイルスの影響もあって全員マスク着用と始まって挨拶がありましたが、本来ならばもっと説明時間が長いとのことでしたが、影響下にあるのでいつもより短くしていますと言われていました。
次男が決めた高校でしたので、私は安心していました。私がここの高校へ行きなさいということで決めれば、彼は何か良くないことがあってそれが影響が大きければ大きいほど、そこへ行けと言った私を怨んだり責めたりすることがあるでしょうから、彼自身が探して選んで最終決定したことは私にとっては随分と助かりました。
用意していた予定額より、やはり余分に支払いして帰ってきました。長男の時も思ったより支払いが大きかったので用意しておくものです。帰って晩御飯を食べながら今後の予定を語りました。
次は制服一式を入学式に間に合うように購入しに行くので明日出かけます。それが終われば通学用の自転車、それが終われば携帯からスマホへ、それが終われば入学式、まあどれもが割とお金がかかることばかりです。
意地悪な私ですから、彼に横にどれも立ち会ってもらいそれぞれどれくらいかかったか金額をそれとなく支払っている所へ立ち会わせて、日々どれくらいお金を彼のために払っているかを見てもらっています。しばらく入学準備と家事に追われるでしょう。

準備

 現実から目を背けることは多く、特に何年か続くこの大きな問題が片付いていないことからさらに目を背けるかのようにという口実で日々仕事が終わればお酒は進むし学びから遠くなっています。
今日も例外が無く仕事が終わればそんな日です。ただ冬から春へと変わっており桜が咲き、桃の花も美しく咲き始めています。変わらない私に花や風、気温や日が長くなっていくこと、大したことでは無いと思いながらそれは随分いろいろなところへ変化をもたらしてくれています。明日は次男の入学する高校の説明会、購入しなければいけないものも多数あるので家内に前もって予定より大目に支度してもらい、明日仕事が忙しいので本来ならば出勤できればいいのですが、次男の学校行事を優先させてもらいました。理解と協力に感謝する夜です。

まんぷく

 家内がいればいつも朝お弁当を持たせてくれますが、この三連休はいませんので仕事つまりはお昼ご飯の心配をしていました。昨晩に続いてお昼が出るということになって、お助かりの上に感謝感激です。しかもその中の一人が女性で全部食べ切れないということで、箸をつける前に残して捨てるのはもったいないということで半分程いただき、一人前半つまりは大盛り以上のお昼ご飯になって、美味しい上にお腹いっぱいになってかさねがさね有難いことでした。
無事に仕事が終わって帰宅、子供達と家内がいないので静かです。まったりと過ごしていると、明日家内達が返ってくるのに洗濯や洗い物をしていないことに気がついて、慌てて洗濯物を二回と洗い物を終え、それから冷蔵庫の中にある早く食べなければいけないものを出して急いで遅めの夕食となりました。
夜中の11時は過ぎています。困った私です。さらに困ったことには先日二回目に歯医者の予約をうっかり忘れてそれから連絡をしていないのに、歯を磨いていたら詰め物がとれてしまい、言葉を無くしました。早めに先日の非礼を謝って再度予約をせねばいけないと思いながら寝ることにします。

Appendix

プロフィール

大渓水

Author:大渓水
縁あってたどり着いた方に感謝です。
無名な私が頻繁に出現し(時には周囲を強制に出現もさせ)思うがままに書きつらねる場所となります。
ただ忘れやすい日常において何かを忘れないように願い、記しています。
塵や埃(無名な私)もどこかへ飛ばされ、そこの礎のごく一部となり、または大いなるものの一部へとなるときに喜ぶことは多いです。

(何故か毎日)書き続けており、更新時間は大体20時頃だったはずなのに、持って生まれていないのに、怠け癖を抱えてしまったことにより、遅い時間の更新もよくあるのが現状です。(何かを書くというよりさらに怠けて日記となっています・・・)

時折コメントをいただきます。いただいた方に心から御礼申し上げます。少なからず、いやかなり書くことへの力となっています。

個人情報保護の点から、コメントにメールアドレスは不要でお願いします。名前も匿名で大丈夫です。


性別 男性
年齢 気がつけば不惑(も何年か過ぎています)

音楽の趣味は声が高く綺麗、歌の上手い人が好きです。

性格
個人的な偏りが大きすぎるのが最大の特徴
言いすぎて後悔する
すぐ極端になるところがありすぎる(のが難点)
口実をみつけお酒を飲もうとするとか

大した文章ではありませんが、さも自分が書いているかの如きコピペなどの盗用は固く禁止しています。
何かあればご連絡下さい。

真摯に訂正し改めるべききところは即座に改め、反映させていきたいです。問題があるところは気づき次第ご指摘・指導の程お願い申し上げます。
何分できていないところが多いのでよろしくお願いします。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR