辞退したことを悔やみ、前に出ることを嫌い、それなのにそのことを後悔することがある私をみて、進歩がなく情けない私がいて、それではいけないと、目前にあることに力を注ぐことにしています。

過ぎ去ったこと、それが悪いこと・普通のこと・善いこと、いずれにしてもとらわれすぎて何もしない私は本当によくないです。誰かに対して不平・不満をこぼしても、自らが何も成そうとしていないのであればそんなことを言えるはずもないことです。

夕方にも驚愕する光景を目にして、理解という言葉がこの世に無いのではないかとすら思えました。明日もまたできることをしっかりと行い、自分だけでなく周囲の方のこともおろそかにすることなく、一日一日をしっかりとしていきたいです。

その時その時、今日は出会ったことはないけれど、後輩といえば後輩にあたる方と偶然出会いました。

彼は道に迷って、自らの求めるもの・自らの理想、どのように生きていくべきか、本当に迷っていました。意地悪な私はいろんなことで彼に試すようなことを残して、けれど迷いながらも彼にはひたすら前に進んで、どのように自らがあるべきかをもがいて欲しいと、そのために「他人が問題ではない、自らが(何を成そうとするか成しているかこれから何を続けていくか)問題だ」なんて、自分ができていないのに、ドリンクとお菓子をお接待して別れました。

別れて、落ち着いてから、今日初めてであったけれど、「家に招いて、いろいろと話を聞くのもよかったか」なんて思いましたが、後の祭りです。

彼の道中安全を願います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿