遅ればせながら

 家内はいつも私が一年の中で一番忙しい時期に誕生日があって、暑い上に仕事も一番忙しくて体力も削られやすい時に家内は心から私に祝ってほしいとその日を一年で一番楽しみに待っています。

鈍感な私は暑い・忙しい・明日のために早くやすみたいなんてことで、家内のそんな気持ちを気づかずよく怒っていました。最近ようやく賢くなった私は、忙しくても暑くても疲れていても早く休みたくても、その日は頑張ることにしています。ただプレゼント代わりにいつも家内が行きたい料理屋さんへ

「仕事が忙しい時期を外して誕生日の前後に行こう」

ここ何年かはそう必ず伝えています。

 偶然平日に私と家内の休みが重なり、なおかつ子供達は学校が始まり全員いない日でした。

「今日がチャンスだよ(だって子供達の食事のお金がかかりませんから)」

色々と調べて、あれこれとそこのお店はどうだこうだと言いながら

「お店に行って食べることも楽しいかもしれないけれど、こうやっていく前にあれこれ決めている時が一番楽しいのかもね」

「そうね」

家内は今日楽しそうにしていました。他にも家内の車を洗車したり、ちょっと普段しないメンテナンスをしたり、家の包丁を全部研いでみたり、誕生日が過ぎていますが、余裕のある時にできることを行う日となりました。
(勿論誕生日当日も、帰って家内へ誕生日用に晩御飯を作ってあげたので、今年は機嫌が悪いことはありませんでした)

夫というか旦那であることは、思いのほか大変なのですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿