元気で

 約束していたカブトムシを一緒に森へ戻してきました。
ついでに、川に入って小魚を見つけて喜んで、他にも私達が歩く水しぶきや音で逃げることでメダカやオタマジャクシがいることもわかり、アメンボもいっぱいいて、「けいくん」は大喜びでした。

上の二人はもう中学生でうから、「けいくん」ほどはしゃぐこともなくなり、冷静にみています。むしろ私のほうが、賑やかなくらいです。一緒にいつもいく温泉に入って、綺麗に体を洗い、カブトムシのことを考えたことで植林された山々に改めて気づき、いろいろなことで感心しながら帰りました。

今日は家族と過ごす為に、子供達と休日があうようにお休みをいただいたので、有り難いです。家内が一番嬉しい顔をしています。

「何故誰かはあんなことをしたのか」

そう家内に質問されましたが、それはその誰かでないとわからず、尚且つ私はその誰かがあんなことをしたことの動機や意味を理解したいとも思わないので、

「後でその話は・・・」

子供達がいるからという理由を建前に答える気がない先延ばしをしました。

話好きでいろんなことを言うのが好きな私が、言いたくないことというのは、どうやっても楽しくも・良くも・面白くもならないことだからです。

逃がしたカブトムシがどうなるかなんて、少し心配しましたが、カブトムシのことはカブトムシに任せる他ないと考えをやめました。



明日の仕事の為に早めに寝ることにします。
スポンサーサイト

コメント

No title

けいくん、優しいですね*^^*
カブトムシとのお別れが寂しいものではなく、カブトムシが生きる森が楽しい場所である事を嬉しく思います。

色んな‘お役目’を担ってやって来たカブトムシにも感謝ですね^^

暑い日が続いています。
どうぞ、ご自愛下さいm(_ _)m

Re: No title

こんばんは
えぞ紫様

末っ子の「けいくん」は歳が離れて生まれたせいか、皆の愛を受けているせいか、大らかで家が大好きな子です。
きっと自分がお家が大好きだから、カブトムシもお家が大好きだと理解できたのだと考えます。
もっとも最近は純真無垢さ(神仏らしさ)が減って、わんぱくで自己主張が出てきてたくましくなってきました。
彼には更なる成長を願っています。
暑中の折、えぞ紫様もご自愛ください。合掌

コメントの投稿