体験

 いつもいる場所で近くに長い時間人が入ればその人に良くも悪くも普通にも影響されることはあり、家内は随分いつも職場にいる方にやられて帰ってきます。

家内以外の人には優しいけれど、家内には根性が悪い振る舞いばかりしてくる。「こちらは誰にでもできることをしようとしているしその人にもずっと優しくしているのに、何故そのようなことをずっとしてくるのか意味がわからない。」それは仕事を始めてから一年半程経っても相手は変わらず根性悪いような振る舞いばかりで、本当にその方の行動や思考が理解できず悩まされています。

「無理だと思ったらいつでも辞めていいよ、他にも仕事(職場は)あるのだから」

そういつも私はオウムのように言うのですが、どこにいっても根性が悪い振る舞いばかりをしてくる方はいると思います。私は割と我が強いのでやられた分はすぐにやり返すというより、いつか別の形で真っ当(正当)な方法でその方にお返しすることに熱意を燃やし仕事に力をいつも以上にそんなことがあれば注ぐことにしています。

私だけではないと思いますが、仕事において人間関係で特に自らが苦手・嫌・相性が悪い方でも仕事であれば接点を避けれないことは往々にしてあります。
割り切るか、腹が立つようなことや怨みになりそうなことや怒りそうなことはさらりと流すか、違う大切な仕事に集中して他のことを構えないほどの世界を作るか、かわすか、場所を変えて大事な仕事にとりくむか、人によって対処は変わるでしょうけれど、仕事は仕事お金をもらって仕事をしていれば普通の水準を維持せねば、対価であるお金はいただけないどころか自らを必要とされなくなることもあるので、対処は難しいです。

家内だけでなく家内より随分前から働いている私でも、やはり根性が悪いことを続ける方と時間を過ごせば怨むし怒るし腹が立つし、理解できないし、けれど仕事は仕事ですからそんな人の前であればいつも以上に気を付けなければいけないことは体験上身に染みて理解しました。

今日の休日はゆっくりできました。明日からの仕事も気を付けてやっていこうと思います。仲間を大切にどんな方でも最低限は報告・連絡・相談と挨拶を疎かにすれば私がどうにもならなくなることも最近嫌になるほど体感したことを忘れないようにしたいです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿