理解

 今日もまた有り難いことに適度に忙しく、さらに私が好き放題に言ってもそれを受け止めてくれる方達でそのことがどれだけのことかと考えさせられました。

いたって簡単で、私のことを嫌いな方・苦手な方・面倒くさいと思っている方・恨んでいる方・相性の悪い方・避けようとしている方・都合の悪い方、そんな方は私が好き放題発言すればどんどん関係と空気は澱むどころか悪化する一方で、つまり私のことを理解しようと少しでも思う方でないとそのような関係や今日のような一日になりません。

私は生きるために理解されたいのではなく、理解されるために生きているようです。

その理解されたいという思いが低俗で愚かで拙く間違っていることばかりですから、こちらを苦手や面倒くさいとか邪魔だとか歯牙にもかけない方が沢山おられることも事実です。

家内曰く

「あなたはいつでもプラス思考のかたまりで自分が大好きだから」

それは家内にとって私に対する最上の嫌味でもあり、私を好きだという言葉になっている一つです。

いつも思うのです。私が私を嫌いになればその果ては、自らで命を絶つしか道が無くなるでしょう。悪いことを思い願うより、その反対に位置するものを楽しく誰に頼まれてもいないけれど理想や楽しさを一人思い描きまた一人で笑っています。私を理解しようとする方は

「(また何をみてきたの)どうしたの」

そう優しく尋ねてくれます。

まだ来ていないことで阿呆なことや思いついたままの世界を誰もが笑っていなくても笑って話すのです。


誰もが楽しんでいなくても私は楽しく笑うのです。


「楽しいですね」


私はプラス思考ですから、一人楽しく笑うことが多いです。つまりは阿呆です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿