とある休日

 仕事が無ければ休日の醍醐味としては、オヤジの得意技といえば「ゴロゴロする」です。オヤジは雷を落とすし、ゴロゴロしてゴロゴロっぷりを皆に披露できる素晴らしい人なのです。

夜になれば仕事をしていなくても何かすぐに口実を作り「一杯やらなければいけない」へ誰にも頼まれてもいないのにすぐにそこへ持っていけます。

正直なところ、怠惰だけだとオヤジとは周囲が認定してくれないことも事実です。よってオヤジがオヤジであるためには家事や育児と用事をこなさねば、オヤジの威厳は(特に家内には)保てないのです。

時には数少ないですが、知性あふれる言葉を出さねばいけませんし、寛容融和であることも態度をもって示さねばいけません。オヤジは一応一家の大黒柱でありますから(お給料がその呼ばれ方に比例すれば私の扱いはもっとよくなるはずです)、表面上偉そうにできます。

春休み中の子供達に簡単な昼食とそれなりに用事をさせ、私も用事に出かけそれから「けいくん」の自転車の練習にでかけました。あの子はもう補助輪無しでスイスイのれるようになり、まだ危なっかしいことも多いですがうまく乗れている時の顔は本当に楽しそうです。少し雨が降ってきましたがそれでも何も言うこともなく夢中になって、何度も何度もこけてましたが痛いなんて一言も言わずに、誰もいない公園を独り占めにできていたので気兼ねなく満喫していました。
後何回か練習すれば一緒にサイクリングも行けそうです。最近は車社会で交通量も多く、自転車がかなり自由自在に動かせないと道路は危険です。

オヤジは鷹のように俯瞰的にあの子を見下ろし、的確な指示を飛ばすのです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿