足跡

 昨日までの仕事が割と慌ただしくしていたので、仕事も今日は落ち着いているかと思っていましたが、それは初めだけで昼が近づくにつれ慌ただしくなり、夕方にはさらに残業が終わるまで忙しい日で、いつも近くにいる方が風邪を引いたみたいですが最後まで頑張っていました。仕事を始めた時とは違って責任感を持つようになり、以前よりは芯がみえるような気がします。

私はそんな偉そうなことを言える身分ではありません。ただ私を棚に上げ。自らを比較の対象としなければ好き放題いえます。もっともそんなことを楽しめる方にだけ言うことにしています。冗談を冗談に取ってくれない人に冗談は私が冗談では済まされないから言えないのです。

いつも近くにいる方も私に冗談をよく言います。付き合いが長くなったから泣き言だっていうこともありますし、人前で言えないことも言うこともあります。もっともそれは私にとっても同じことなので、気心が知れた仲であることが有り難いです。

思ってもいない方や身近な方によくお世話になり優しくしてくれることが有り難いです。ただ何年経っても私という人間をみているのに観ずに接し続ける方もいて、その両者の違いには優しい方の優しさの高さ深さ広さ大きさの分だけどちらも応えます。

誰もが自分に優しくしてほしいだろうと思います。

誰もが自分を害って欲しくないと思います。

誰もが自分を理解して欲しいと思います。

誰もが自分のことを信じて欲しいと思います。

だからふれあう方に優しいという人だっています。自らにはそうしてほしいのに他人のことはお構いなしという人だっています。


どちらもその方の言動の継続によって、個性というか性根がどのようなものか、そのようなことを苦しいことも楽しいこともとんでもないときも年月を一緒に過ごせば、いくら普段に口で何を言っていようが、苦しいときやつらいとき悲しいときとんでもないときにその方の個性や性根を何度も何度もみれば、自らのことを自らで口で言うより周囲にはしっかりとしたその方の足跡が残っています。

善い行いの連続には善い足跡

あたりまえの行いの連続にはあたりまえの足跡

悪い行いの連続には悪い足跡

極めて悪い行いの連続には極悪な足跡


過去を消すケシゴムや悪い足跡を消せるものは売っているのは見たことがありません。当然善い足跡だって消せないものです。他人のことより問題は、いつだって私の今と過去の足跡です。

振り返ってみる私の足跡は、誰かと一緒に見て笑ってたどれるものでありたいです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿