お久しぶり

 忙しい日となることが事前にわかっていた日ですから、あらかじめ準備していました。私一人ではどうにもならないことが多いですが、三人寄れば文殊の知恵ですから三人で補い合って笑って一日が過ぎていき、珍しい来客がありこれもまたいつもの流れですが、泊るところが決まっていないのならと家に誘って話を聞くというより、まあ聞くことを嫌う私の性格のせいかとめどなく話し続けている始末、明日はいつもより早く起きて彼を車に乗せた場所へ降ろし、彼の二日目の歩き遍路となるでしょう。

実を言うと彼のことは知り合ったときから苦手で、現在もなお苦手です。ただ以前より私もあの人も歳を取ったせいか、まあ私のところへご厄介になっているせいかもしれませんが、謙虚なところが目立ちました。彼に若い頃見えた無茶は今日見た感じでは感じるところはありませんでした。ただやはり苦手であり、過ごした時間の短さのせいと見苦しい言い訳をしておきます。

私が大好きな友人の友人ですから、そういえば学生時代の一つ上の先輩の友人でもありました。

どうして人の話をずっと聞くだけということができにくい性格なのかを話し終わって考えさせられました。困ったものです。ただ今日はお酒を飲むことはやめました。沢山一緒に食べて、私だけ一人で話して、ここを書き終えてお風呂に入ってから寝ることにします。

最近学びを進めようとしていることが、なにかしらの形になるというにはまだ学ぶ時間の継続と何かが必要となってくるでしょう。
誰かと何かのせいにして言い訳ばかりで逃げてしまう天才の私ですが、逃げながらもほんの少しずつでも学びを



何かは終わってみないと決まらないことばかりで、よくわからないことばかりです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿