悪気と知恵を使う

 現実に対して理想を思い描き、それに向けて努力し少しずつでも前に、不平不満だけこぼしてばかりで何もしないより、馬鹿にされても今後のことを考えるのなら誰かが少しでも前にと行動していることは無駄にはならないと私は思います。

問題を一人で抱えすぎることも問題ですが、時には問題が多い方がその人は大きく成長することがあります。潰れるか成長するか逃げるか、他にも選択肢はあるでしょうけれどどれかよりの答えをよくみます。

冷たく近くにいる人には「もっと背負え」と願います。

簡単に言うと何もせず揚げ足を取り続ける人になるより、問題を我がことにおきかえ少しずつでも改善しようと努力する人間であってほしいという私の偏りでありおしつけてきな思いのおしつけ、そうでなければ困っている方や頑張っている方などを何一つ理解できないのでは困るなんてまた偏りをおしつけがちです。

では私が背負えばいいのではと言われます。私が背負えば私が逃げるか成長するか勉強になるかのことです。私は違うものを考え違うことを行って、没頭し笑っているなんてかなり変わった態度をとります。

これは本当に面倒くさい私が出現しています。

今日は悪気がないことと、知恵を働かせることと、その人によって異なる使い方を空いた時間に例えて話して皆で笑いました。明日はもっと忙しくなるので、慎重に一日を無事に過ぎるように努めたいです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿