梅花

 今週末、次男の大会のため少し用意が必要で、大きめの大会ですからちょっとどんなものか楽しみです。
大阪まで行かなければいけませんから、当人と私以外は物見遊山気分がどんどん高まって盛り上がっているようです。私はあの子を無事車で送迎と試合に小学校最後の大会でもありますから、結果はどうあれ全部やりきって欲しいと願っています。

次男は家族の中では一番無口で、運動神経も私や家内に似ずに、何故かよく動く身体に恵まれる反面、知的なことへの関心は薄いです。(もっともそれは私の育て方が悪かっただけとも・・)
いずれにせよ、中学では何の部活に入るのか、スポーツや体を動かすことを嫌う長男には運動部への部活を強制して割と恨み節を聞かされました。

放っておいてもスポーツは何かするような子ですから、次男には強制はしない予定です。

最近あった彼の試験結果は運動神経と反比例するような結果でかなり頭をいためました。私はそんなに成績はトップとか優秀とかではありませんが、まあ普通くらいには勉強はできて欲しいと彼には願います。欲張りと言えば欲張りですが文武両道という言葉もありますしね。

ここはいろんな事を日々書き連ね、時に近くの方へ向けて、時に私に向けて、時には家内へ、時に優しい方達へ、時に子供達へ、いつかここを見て何かを思ってほしいと願います。

次男坊の春からの中学生という新しい門出に何か役立つことをしてあげたいです。偏りが多い私だから余計なものを押し付けすぎて嫌がられるだろうけれど、私のところに生まれたことを恨むしかないです。

厳冬の中に咲く梅の花のような温かさや美しさ、そんな自然な愛情を彼になんて欲張りなことを願う夜です。
スポンサーサイト

コメント

No title

得手不得手って、誰にでもありますから~(笑)
兄弟でも全然タイプが違うと言う事は、色んなタイプの経験や感動を貰えるって事で、子育てが面白いでしょうね♪

子供は、自分で親を選んで生れて来ると言いますから、恨むより納得?するのでは?(笑)
自分で選んだんだから、しょうがないって。
でも、良い両親を選んで良かったって^^v

Re: No title

こんばんは
えぞ紫様
本当そうなんですよ誰にでも得手不得手があるのはわかっているはずなのに、こと私ときたらあの子達に欲張りなことを願いすぎることばかりです。
私が若いころにやるべきことをあまりしなかったことが余計に災いして彼らに降りかかっているのですが、本当は何も言わない方がいいのか、黙って困ったときに力を差し出すだけでいいのか、思いつくだけできることをしてあげるだけでいいのか、放っておけばいいのか、全く私にはわからないのですが、やっぱり欲張りなことを願ってしまう始末です。
いつもコメントありがとうございます。

コメントの投稿