困った誰か

 人には厳しく「軽はずみな発言は自重しなさい」そう言っています。こと私はそんなことを理不尽な言動をみればつい怒りを買うほどに激しく言っている時があり、その時も後でも痛いのです。だから近くの人には「軽はずみに言うのではなく賢者であれば時を待ち人を待て」と情けないことを見せながら言います。一体これに何の説得や私に恩恵があるのか、まったくもってお酒が進んでしょうがないことの一つです。

明日からの自らの対応や振る舞いについて考え実行しなければいけないことは山積みです。仕事を真剣にしながら気を付けなければいけないことがあります。どうして私は損なことばかりしてしまうのか、損得勘定に少しは普通でもいいのにと後悔してから思うことです。けれど私はそれを今までも自問自答を繰り返し、やはり生き方や考え方が変えられないことに気づかされます。

スポンサーサイト

コメント

No title

何か、他人事ではないんですよね~^^;

「賢者であれば時を待ち人を待て」‥ホントにその通りだと思いました。
特に、時の流れは重要だと身に沁みて感じています。
私なんて、何代もの過去世から引きずったモノを、現世で手放す時を待っていましたから(笑)

いつか必ず、良くも悪くも大どんでん返し?が起きる時がくるのだと思います‥。

Re: No title

こんばんは
えぞ紫様

「賢者であれば・・・」
この引用元は弘法大師の著、『般若心経秘鍵』にある「賢者の説黙は、時を待ち、人を待つ。」から引用しています。ここにしっかりと反応していただけるとはいつもながら有り難いことです。

よく先輩が後輩へ次のことを大きな声で復唱させていました。
「夫(そ)れ、仏法(ぶっぽう)遥かに非(あら)ず、心中にして、即ち近し 」
何度も何度も大きな大きな声で復唱させていました。その頃の私は上記の二つの意味を何一つわかっていませんし、分かろうともしていない頃で、恥ずかしくもあり懐かしくもあり楽しくもある思い出の一つです。

No title

「夫(そ)れ、仏法(ぶっぽう)遥かに非(あら)ず、心中にして、即ち近し 」
あぁ、何て素晴らしい言葉なのでしょう‥。
本当に、そうですね‥*^^*

いつも学ばせて頂き、ありがとうございますm(_ _)m

Re: No title

こんばんは
えぞ紫様

今進めている書は天台教学についてです。そこには時を同じくしている真言と弘法大師が密接に絡み合い、お互いがお互いを補完しながら時が流れています。

田村先生は真言と弘法大師について素晴らしいことを天台についてふれながら書かれていました。もう少し私の何かが補完されたとき、ここへその時の何かとして先生の文章と共に現れることと思います。

現実を忘れ、真理(法・もの)に憧れてやまなく、そんな私は自らの現実を忘れ、現実をおろそかにして足元をすくわれて痛い思いをする日々です。

いつもあなたに感謝しています。

コメントの投稿