性格的なもので日常が当たり前に流れていれば、そこで勝ったとか負けたとかとりたててそんなことにとらわれなくてもいいことです。

何かを成して「おーこれは我ながら上手くやれた(のでは)」ということが時折出てきます。ただ嫌味ではなく自然とその上手くを圧倒するものを身近で出されたりすれば、負けたとか、負けないぞなんてやはり頼まれてもいないのに思ってしまうことがあります。

皆が助かること、仕事がうまくいくこと、人間関係が円滑に楽しくなること、面白いくなっていくこと、学びがより深く進んでいくこと、生きていく喜びとなることなどであれば、いくらでも負けていいから誰でもいいから身近で出してくれれば有り難く・楽しめ・学び多く・大歓迎です。

世の中は矛盾と葛藤や不如意に出くわしたくなくても出くわし、時折その真っ只中に知らずにおいてくれるものです。

とんでもないものに不意にでくわし何故か口にするのです。

「あれはどうやっても勝てんわ・・・・」

「そりゃ無理に決まっとる。

場所もわきまえることがない

手段も択ばない

知性や品性や人としてなんて、そんなこと少しも考えてないのだから

そんな人に勝てるかいな」


そういえばスポーツなど厳格に詳細で平等なルールを設け、その範囲の中で勝敗を決めます。人間関係の中で道徳・倫理・品性・人道的・愛・やさしさ・思いやりなどを無視して、ただ自らの利益を守るため・マイナス要素はすべて受け取らずとにかく誰でもいい身代わりにおしつけ・誰かを悪くすれば問題ないなどのことを平気で行う方と普通のことを普通に行うということは難しいことです。だからといってこちらは相手に礼を失わず・自らの品性を損なうことなく接するよう心掛けなければいけないことです。

私は身近でどのような方にも礼を失わず、できることを惜しまない方をみて尊敬しています。私にはとてもできないことを平然と行われているのをみて

「どうしてどなたにも変わることなくそのようにできるのですか」

そんな簡単なことが分からず何度も何度もたずねたことがあります。

「簡単なことよ、もしも相手がどうしようもないことをし続けている人やどうしようもないことばかり言う人でも、それと一緒に自分もあわせたらその人と自分も一緒になるから、私は一緒になりたくないからあたりまえのことをしているだけのこと」

そう笑顔でいつも答えてくれます。さらに愚かな私は理解できないから問うのです。

「何故自然にどなたにも優しくできるのですか」

「簡単なことよ

よっぽどの阿呆でなかったら、できることをしてあげてたらそのうち理解してくれる。

ずっと続けても理解することなく罰当たりなことをそれでも続けるとしたら

その人はよっぽどの人やな」

私はそのよっぽどの人とその方のようにふるまうことが未だにできていません。


いつだって腹を立て、何故そんな誰かを困らせるようなことをするのか、少しは考えたらいいとか、そんな雰囲気を周囲にふりまいてしまってばかりです。また優しい方はそんな私へ教えてくれます。

「理解できるのだったらとうに理解してる。考えれるのだったら考えとるよ。理解する気も考える気もない人に酷なことを貴方は望んだらいかんわ」


私はできた方にもその反対の方にも負けてばかりです。






スポンサーサイト

コメント

No title

記事の内容とはちょっとズレますが、世の中は矛盾と理不尽な出来事に満ち満ちていて、大義は弱者を黙らせ、正義は強者に味方するものだとつくづく思わされました。
私は今までの人生の中で、自分の価値観・正義を守ろうと戦った事もありますが、マイナスはマイナスを産み続けるだけだと気付かされたので、戦う事をやめ、私は楽しく幸せで穏やかな生き方を選ぶ事にしました^^
世の中を賑わせているや不正絡みの車を、本日、それと無関係な会社に買い取って頂きました!
そうしたら、ハッピーでラッキーな事が起こったのですよ~♡
勝ち負けではなく、プラスはプラスを産むのだと改めて実感しました*^^*

Re: No title

こんばんは
えぞ紫様
書き終わるまでこういう内容になるとは思っていませんでした。私自身の内にあるいろんなことを否定するのではなく一つずつ認めていきたいと思っています。
気が付けば目前のことに左右されてばかりなのに、人には簡単に「(何でも)笑ってさらりと流したらいいよ」なんて都合よく言うのです。
いつも有難うございます。

コメントの投稿